スイス時計 エングレーバー


thumbnail
サムネール
 各写真をクリックすると
拡大写真がごらん
いただけます。

please click
on the photo




slidshow

アニタ・ポルシェ

1961年、ラ・ショー・ド・フォン生まれ。12歳の時、親戚であるヱナメル師、シュネベルガー氏に才能を認められ、この世界へ足を踏み入れる。エナメル技法の修得後、美術学校に通い、美術の基辞を学ぶ。’95年、独立してエナメル文字盤製作師としての活動を開始
 
 
 透明感に満ちた美しさで、時計愛好家に急速に認知されつつあるエナメル技法。
 エナメル文字盤の完成までには気が遠くなるほどの時間が必要だ。ひとつの色だけでも7〜8回塗り重ね、作品の完成まで15回から20回も焼く。なんともこれは根気のいる仕事。
 しかも色の違いや発色の具合で、微妙に温度と時問を調整する必要がある。これらの工程を、色つけから焼成まで一貫してアニタひとりで行う。
 従来なら考えられなかったクロワゾネとミニアチュールを合体させた新しい技法といったものも自分で開発した。

ユリス ナルダン 
サンマルコレディ
 Ref.121789EGR
230万円
 シャンルベ技法で
作られた華麗な作品

ジャケ・ドロー 
レディス・パイヨン
 Ref.9581.JA.68.220
185万円


ミニアチュール・エナメル
の試作品

ミニアチュールの風景画

エナメルの発色を確認するため、さまぎまな素材を一枚のプレートに塗って焼成した色見本

金の箔を打ち抜いた細片をパイヨンと呼ぶ。実にさまざ
まなパターンが存在したが、これはその古い見本帳